協会理念

社会保障費は枯渇してしまいます。

世界有数の先進国として発展を遂げましたが国民の幸福度は非常に低い状態であり日本という国に閉塞感を感じている方も多いのではないかと思います。

20 歳未満の人口が約2000 万人65 歳以上が約3500 万人という人口分布を見ても10 年後20 年後に向けて解決しなくてはならない課題が山積みです。当協会は世界でも類を見ない少子高齢化社会に突入した我が国の未来に必要な「医療に対する知識・考え方」を根付かせるという理念のもとに発足致しました。志を同じくする医師と専門家により作成する病気にならないための医療知識を培う教育カリキュラムを皆さんに学んで頂き「食事療法」を主体とした健康法を実践して頂きたいと考えています。

医療と健康に携わる専門家たちによる【予防医療】の研究内容を伝え広める事で、今後の社会に役立ち人類の明るい未来を創る一助となることを目的としています。

代表挨拶

はじめまして、一般社団法人予防医療研究協会理事長の苅部淳です。
当協会を知って頂き、誠にありがとうございます。
当協会は世界でも類を見ない少子高齢化社会に突入して行く日本に於いて新しい「医療」「医学」の在り方が必要だとの思いを持つ医師・専門家達により設立された団体です。
幸せな人生の過ごし方とは健康で美しいまま長生き出来ることです。
それには「予防」が大切であり病気になりにくい心と体を手に入れることを目指すべきです。
私自身、幼い頃よりお腹が弱く、長年下痢に悩まされておりました。腹痛や体調不良で具合が悪くなり、パフォーマンスが発揮できないことが多くありました。そんな時、乳酸菌を多くとる食事で、体調が劇的に良くなったのがきっかけで腸内細菌の文献や研究を読み漁りました。腸内細菌の乱れが万病の元になることを知り、さらなる研究と知識の普及、予防医療の発展が必要だと確信しました。
また、当協会の初代理事長であった父も心療内科医として多くの患者さんを治療してきた経験を元に予防医療の大切さを常に言っておりました。その父は肺がんで5年間の闘病生活を続けながら2019年2月に永眠いたしました。父は亡くなる寸前まで診療を続けていました。
その意思を引き継ぎ、医療と健康に携わる専門家たちにより、今後の社会に役立ち人類の明るい未来を創る一助となることを目的として邁進していく次第です。

今後ともどうぞご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

予防医療研究協会 理事長
苅部 淳

クリニック紹介

「麹町皮ふ科・形成外科クリニック」

当協会の理念に基づく診療を行うための病院を苅部理事長が開院。

予防を重視した医学的指導を行い身体の内面と外面より健康と美容の改善ができる最先端のクリニックです。

緑の多い癒しのクリニックで都会のオアシスを感じます。

〒102-0093 東京都千代田区平河町1-4-5 平和第一ビル地下1階

公式サイトURL:https://kojihifu.com/

展望

超少子高齢化社会に突入した我が国は「健康寿命の延伸」を推進しなくてはなりません。それには対処療法ではなく予防に力を注ぐことが大切です。

この先、更に拡大し続けるだろう予防医療(食事/運動/睡眠)という分野は、まだまだ正しい情報が確立され辛い状況です。

医師を始めとした専門家が集まり各療法・製品等の真贋を見極めてジャッジメントを行い正しい医療知識を民間に教育をしていく需要は今後とても大きな市場となると予測できます。