• 一般社団法人予防医療研究協会が、美容医療のプラットフォーム「キレイレポート」様に掲載されました。

  • 河本立徳 理事の「目の紫外線対策」についての記事がSmart FLASHに掲載されました。

  • ビジネスジャーナルの記事にて当協会 理事長 髙木希奈医師のコメントが掲載されました

  • 一般社団法人予防医療研究協会が、美容医療のプラットフォーム「キレイレポート」様に掲載されました。

  • 河本立徳 理事の「目の紫外線対策」についての記事がSmart FLASHに掲載されました。

  • ビジネスジャーナルの記事にて当協会 理事長 髙木希奈医師のコメントが掲載されました

舟橋 さき

講師紹介 舟橋 さき
タイトル背景
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら
花びら

予防医療で、
幸せの絶対数を増やしたい。

舟橋 さきOno Saki

国立成育医療研究センターでのPICU(子どもの緊急病棟)で看護師として3年間勤務する中で、「腸」が子どもの生死において重要な関連があることに気づき、小林メディカルクリニック東京の便秘外来で勤務するかたわら、腸の研究に没頭。

2022年、 今までの培ってきた知識や経験のすべてを投入すべく、予防医療研究協会の代表講師として『 予防ケアコーチ資格検定』のプロデュースやカリキュラムの編纂を行い、 医療をもっと身近にしていく活動に継続的に力を入れている。

著書publication

その他other

動物占い トラ
出身 長野県
専門分野 予防医学
趣味 アウトドア、テニス、読書、調味料作り
インストラクーイメージ1

講師の人生の転機My Story

腸の重要性と恐ろしさに気づいた看護師時代

幼い頃から人のお世話が好きだった私は、いつか祖父母に看護が必要になった時にお世話ができるようになりたいと思い、看護師になりました。看護大学卒業後、子ども専門の病院である成育医療研究センターに就職。配属先は子どもの集中治療室。そこは、重症の子どもが毎日のように入院してくる病棟で一刻を争うような子どもばかり。看護師である私の仕事は、子どもとの遊びやお世話より、モニターの監視と薬の管理でした。その中で、肝臓移植の子どもを受け持つ機会が多く、それが、結果的に肝臓の近くにある『腸』の重要性を痛感することにつながりました。手術や手術後の管理において、腸がうまく機能しないような場合、命に大きく関わることがよくありました。手術が成功しても、その後、腸が閉塞したり、腸が癒着(ゆちゃく)したりすることで亡くなる方を看てきたことは、看護師の勉強でもそこまで腸の重要性を学んでこなかった私にとって、衝撃的な体験でした。担当になる患者様に起こることも多く、その都度、腸の機能の勉強もしてきました。

インストラクーイメージ2
人生が好転した便秘解消の体験

母親譲りの便秘があった私は、小さい頃から1週間に1回くらいの排便で過ごしてきました。とはいえ、便を出すときは一苦労。トイレに何度も行き、その度に10分以上こもり、何度もくる腹痛に耐えながら出すのが当たり前。一番辛かったのは、旅行と腹痛が重なること!急に来る排便に、旅行の計画は崩れ、一緒にいく友人や家族は私のトイレを待つだけ。徐々に旅行にも誘われなくなりました。そして、看護師になり、生活の不規則が加わり便秘も悪化。それに伴い、体調不良も慢性化していきました。排便は2週間に1回程度で薬やお茶を用いて出す日々。生理も止まり、吹き出物に悩む肌、ぶくぶく太る身体に嫌気がさし、これは何とかしないと・・・と思い1年後。20年以上悩み、体質だと思い込んでいた便秘とさよなら出来たのです!

  • 精神科 高木 希奈 Takagi Mana

    高木 希奈

    健全な精神と健康な身体を育むための「医療知識を母親が持っている」ことは、その家族にとって財産になると思います。あなたの知識が子供の成長に大きく影響し家族の健康を守ることができます。

    この資格を取得して頂くことで予防医療の大切さを学んで頂き周囲に広げて貰えたら嬉しいです。

  • 皮膚科/美容皮膚科 坂本 淳 Sakamoto Jun

    坂本 淳

    アトピーを始め様々なアレルギーで苦しんでいる児童は急増しています 。原因は色々とありますが食生活は大きな原因の一つではないかと考えます。

    「医学的知識や予防医療を学んだ母親の存在は家族にとって非常に有益」だと思います。まずは初級講座だけでも受けてみることを強く薦めます!

  • 皮膚科/美容皮膚科 信田 りの Nobuta Rino

    信田りの

    私も我が子が生まれる前に勉強しておけば良かったと後悔したことが沢山あります。子供の健やかな成長に親の影響が大きくあるのは理解していましたが出産後は忙しさのために余り時間を使えませんでした。

    資格の内容を見ましたが受講して得た知識を「実践することで大きなメリットを家族全体が得る」ことに繋がるのではないかと思いました。

  • 形成外科 白井 麻理恵 Shirai Marie

    白井麻理恵

    このカリキュラムの魅力的なところは、「お子さんの健康やメンタルケアだけではなく自分自身や夫、高齢の両親のアンチエイジングにも役立つ」ことです。一家に一人「予防ケアコーチ」を取得して家族の美と健康を守ってもらうことをお勧めします!