運動療法部会

生活習慣病と呼ばれる糖尿病・高血圧・脂質異常症・虚血性心疾患等の発生を予防・改善し、運動と「メンタルヘルス」「肌」「脳」などの相関性を研究していくための部会。

~高齢化が進む日本において運動療法を啓発~
  1. 楽しく継続できる運動
  2. アンチエイジング
  3. ストレス軽減

運動療法とは

運動療法とは、障害や疾患の治療や予防のために運動を活用することです。運動不足は生活習慣病の重要な要因であることが明らかになって来ています。そのため、従来の薬物療法に加え、食事療法とともに運動療法の重要性が高まりつつあります。

具体的なアプローチは、歩行などの有酸素性運動による中性脂肪や体脂肪の減少(肥満症・高脂血症)・血圧の降下(高血圧)・血糖の低下・糖質代謝の改善(糖尿病)などが基本です。また運動する刺激による筋萎縮や骨粗鬆症などの予防やストレス解消によるストレス性疾患の改善にも効果が期待されています。

当協会が理念に掲げている3つの美容「外面の美容」「内面の美容」「精神面の美容」を整え、真の美と健康を体現していくにあたっても、大変有用な療法であることは間違いありません。

オンライン診療と掛け合わせることでの運動療法の可能性

運動療法部会では、今後、オンライン診療を活用して医療と併せた独自の運動療法を展開していくことを検討しています。例えば、トレーニング・ヨガ・ストレッチ・血糖値測定・血液循環・体重管理などの分野において、より効果的な実践ができると考えています。

予防医療に興味があるトレーナーさんの参加(登録)を募り、活動の輪を広げて行く予定です。

登録お申し込みフォーム

    お名前(必須)

    ふりがな(必須)

    生年月日(必須)

    郵便番号(必須)

    住所(必須)

    電話番号(必須)

    メールアドレス(必須)

    専門分野(必須)

    トレーナーとしての経歴・実績(必須)

    何をきっかけに運動療法部会を知りましたか

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい

    部会長  櫻井夏子医師

    【経歴】

    2017年 順天堂医学部附属順天堂医院整形外科 入局
    2018年 順天堂大学 大学院入学
    2020年 TAクリニックグループ入職
    2021年 銀座TAクリニック副院長就任

    【実績・資格】

    BestBodyJapan2020 ドクター部門優勝
    NASM-CES(全米スポーツ医学協会:コレクティブエクササイズスペシャリスト)取得
    ダイエット検定1級取得

    統括プロデューサー 坂上翔一郎氏

    【経歴】

    教育学修士/スポーツ科学修士(3月取得予定)
    早稲田大学大学院教育学研究科修了
    早稲田大学大学院スポーツ科学研究科在籍

    【実績・資格】

    NASM-PES(全米スポーツ医学協会:パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト)
    NASM-CES(全米スポーツ医学協会:コレクティブエクササイズスペシャリスト)
    SummerStyleaward 2018 Japan Open 優勝
    SummerStyleaward 2018 ASIA GP  4位
    プロ契約選手