展望

少子高齢化社会を迎え深刻な社会保障費不足に陥ってしまった我が国は「健康寿命の延伸」を推進しなくてはなりません。それには対処療法ではなく予防に力を注ぐことが大切です。

この先、更に拡大し続けるだろう予防という分野は正しい情報が確立され辛い状況です。

医師を始めとした専門家が集まり各療法・製品等の真贋を見極めてジャッジをして正しい医療知識を民間に教育をしていく需要は今後は大きな市場となると予測できます。