予防医療研究協会では主に内科、精神科、形成外科、皮膚科、産婦人科、眼科など多科に渡る医師で構成されております。

今後予想されている超高齢化社会や医療費の破綻に少しでも歯止めをかけるため予防医療を研究、普及するため設立いたしました。

特に産業医は健康診断、長時間労働者に対する面接指導、ストレスチェックや作業、環境の維持管理を行いますが、それ以前に現代社会ではストレスや睡眠不足、運動不足、食事内容の悪化などにより社員の健康状態がますます悪化しています。

これは個人の作業効率を落とし、健康維持にも悪影響をもたらします。さらには休職者が出てしまえば企業の損害は計り知れません。

そこで現在、産業医資格を持つ医師が中心となり、企業向けの健康セミナーとして最新の知見に基づいた食事指導やbasiピラティスのインストラクターと一緒にピラティスの派遣レッスンを行なっております。

派遣ヨガの会社は無数にありますが、きちんとしたライセンスを持っていないインストラクターも多く、流行で行なっているところも多いのが現実です。ピラティスは医療機関でも多く取り入れられ、世界で2000万人以上が行なっている医学的効果が認められている運動療法です。

ご興味のある企業様はご連絡いただければ詳しくご案内をいたします。

basiピラティスの紹介

basiピラティス(Body Arts and Science International)は、1989年にRael Isacowitzによって設立されました。現在では南カリフォルニア、ニューポートビーチに本部を構え、全米各地、世界30カ国にわたる世界最大規模のピラティス専門のプログラム提供者であると同時に、業界の基準となる存在となっています。

basiピラティスのプログラムはその質の高さで非常に高い評判を得ています。 創始者のラエル・イサコウィッツは世界のピラティス界のリーダーとして、世界中を飛び回ってワークショップや講演をし、正しいピラティスの普及に貢献しております。また世界のピラティス教育の規格統一団体であるPMA(Pilates Method Alliance)においても理事として、世界のピラティスの質の維持に努めています。

それらの活動とともに、basiピラティスのピラティスインストラクター養成コースは世界中でその質の高さが認められて、現在では世界30カ国以上、650以上のロケーションで開催されているようになり、その地域は毎年増え続けており、多くのBASI資格保持者は世界中で活躍しています。

ピラティスの効果

①呼吸の役割

人が生きていくための根本に呼吸があります。呼吸は新鮮な酸素を体内に送り二酸化炭素を吐き出す行為で、実にさまざまな部分が使われます。

ピラティスでは、正しい呼吸を覚え、常に止めないようにしてエクササイズを行なっていきます。正しい呼吸は、心肺系(心臓と肺)を強くし、循環器系(心臓と血管)の機能を高め、スタミナのある身体を作ります。身体中に新鮮な酸素を送ることで、筋肉はもちろんのこと、内臓・神経・脳など、身体全体が活性化します。

呼吸とは、細胞の活性化・内臓機能の改善・自律神経の安定とともに、しなやかで柔軟な身体への再教育に欠かせない根本的な要素であるといえます。

②身体意識の向上(ボディ・アウェアネス)

身体を改善していく上でのポイントは身体意識を養うこと、つまり身体の各部についての知識を深め、それらの本当の位置を理解することです。

ピラティスのエクササイズにより身体の一部分の動きが次の動きに影響を与えていることがわかると、それぞれの部分を完全に正しく使用することの大切さがすぐに理解できるようになります。

自分の身長や体重、各部位の寸法を知ることにとどまらず、常に自分自身の全体を感じようとすることで、身体の構造、力、複雑さ、潜在能力を理解し愛することを学びます

③正しい姿勢(ボディ・アライメント)

骨、筋肉、腱、靭帯の規則正しいつながりと関連をボディ・アライメントと呼びます。

ほとんどの人の身体はきちんと配置されていません。タイヤやハンドルが曲がり部品が緩んだ車では、遠くまで運転することができません。

ピラティスのエクササイズは、怪我や悪い姿勢が原因で起こった筋肉のアンバランスや現代の生活習慣で無意識に動かしている癖を修正し、身体をアライメントして中心を安定させます。

脊柱が強く柔軟でまっすぐに矯正されるとバランス感覚が向上し、身体全体が強くなります。また、背筋が伸びて肩が下がり首周りもすっきりとして堂々と立つことができ、気持ちも前向きになっていきます。

エクササイズによって基本的なことをマスターすれば、自分で身体の使い方をコントロールできるようになり、ケガやトラブルのリスクを最小限に抑えることが出来ます。また、肩甲骨や股関節などの関節稼働域も広がり、柔軟性・平衡性・敏捷性・瞬発力・筋持久力などが向上していきます。

サービス紹介

ご依頼いただいた場所、時間に医師、インストラクターが出張し、セミナーとレッスンを開催します。スタジオに行ってヨガ、ピラティスができないという方々に、ご自身の心と体の状態に向き合える時間を提供します。

また、参加される方々の年齢、体力、性別、職業に応じたオーダーメイドのレッスンに対応いたします。

ご用意いただくもの

  • CDまたはipodで音楽を再生できる機器(音楽なしでのレッスンも可能です)
  • ヨガマット、ブランケットまたはバスタオル
  • 動きやすい服装(Tシャツ、ジャージ、スポーツウェア等)お着替えできない場合はそのままでOKです
  • お好きなお飲み物(お茶やお水またはスポーツドリンクなど)

このような会場をご用意ください

  • 会社のオフィス(個人デスク)
  • 会議室またはセミナールーム
  • 福利厚生施設

このような場面でご利用ください

  • 会社のオフィスで運動不足解消に
  • 日常における社員の健康管理に
  • 社内や社外での研修会やセミナーに